補聴器をはじめるサイン

難聴は少しずつ進行してゆくため、自分ではなかなか気づきにくいものです。
普段の生活を振り返り聴こえの程度をチェックしてみましょう。

聴こえのチェックシート1つでも当てはまれば、次のステップに進んでください。

  1. ステップ1

    • テレビの音量が大きいと言われた事がある
    • 会話をしばしば聞き返す事がある
    • ざわざわしてくると会話が聞き取りにくいことがある

    健聴

    今は補聴器の必要はありません。

  2. ステップ2

    • 大勢で会話することが難しいと感じることがある
    • 後ろからの呼びかけに気づかないことがある
    • 病院や銀行で呼ばれても気づかないことがある

    軽度難聴

    早めの補聴器のご使用をおすすめします。

  3. ステップ3

    • 電話で話すことがかなり難しいと感じることがある
    • 正面で話していてもうまく聞き取れないことがある
    • 自動車の走る音に気づかないことがある

    中等度難聴

    スムーズな補聴器のご使用が効果的です。

  4. ステップ4

    • 耳元で話をされても聴こえない
    • 自動車のクラクションが聴こえない
    • 目の前で鳴っている電話の呼び出し音が聞こえない

    高度難聴

    快適な生活のためにぜひ補聴器をご活用ください。

  5. 重度難聴

    まずは耳鼻科の専門医にご相談下さい。

    ※上記はあくまで目安です。

聴こえに不安を感じたら、自己チェックだけでなく
耳鼻科の専門医にもご相談を!

大宝堂補聴器フロアでも「聴こえ」の相談や補聴器の
カウンセリングが受けられます。

PAGE TOP